多様化する潤滑プロダクション・プランを的確にサポート。

手動式エンドシステム

手動式エンドシステム

■特長
●簡単なシステムで、設備費が安価。
●中規模で、給油間隔が長い場合に適当。
●他の給油装置と組合せて、効率よく給油。
●操作が簡単で手軽に給油できる。

■システム作動
切換弁(1a)の位置によって、ポンプ①から圧送された潤滑剤は、2本の供給主管のいずれか一方に供給され、他はタンクへ開放されます。
全ての分配弁②が作動を終ると、供給主管の圧力が急上昇し、給油が完了したことを示します。
次の給油は、切換弁(1a)の位置を反対にすることによって圧送と開放の主管が、逆になり、給油が行なわれます。
給油完了の判断は、圧力の急上昇が目安となりますので、必ずチェックしておいてください。

■回路図

注)図示のごとく親子システム(2点鎖線内)もできます。この場合親分配弁②の吐出口にチェック弁⑤を取付けます。

構成

1 ポンプ FB形
1a 切換弁 手動切換弁(ポンプに内蔵)
2 分配弁 DW-20~50形
DV-30~60形も使用できます
3 Y形ストレーナ T111-※

親子システム

2 分配弁
(親分配弁)
DW-50形
DV-50~60形も使用できます
4 分配弁
(子分配弁)
LV-100形
5 チェック弁 T15形(Oリング式)
PAGETOP
Copyright © ダイキン潤滑機設株式会社 All Rights Reserved.